Movable Type Plugins And Themes Directory

Sign In  |  サインアップ

キーワード MTクラウド対応

ImportAuthor

概要

ユーザをCSV一括登録し、ブログに対するロール割当てもこのCSV一括登録でできるようにします。

動作条件

  • MTクラウド対応
  • MT6 (MT6.3.5で検証済み)

インストール

zipを解凍して [ImportAuthor] フォルダーごと、MT設置ディレクトリー /plugins にアップロードします。

使い方

MT管理画面の「システム>ユーザー」メニューに「ユーザーインポート」が増えているのでここからCSVをアップします。

CSV ファイルのフォーマットについては ドキュメントをご覧ください。

SplitPage

Movable Typeのページ(エントリー、またはウェブページ)を本文中の任意の箇所で複数ページに分割するプラグインのMT6対応版です。
過去に Movable Type4対応版 として開発したものをベースに、MT6対応版として復活させました。

v2.0では、A-Member と DynamicMTML との併用で、1ページ目は公開ページとし、2ページ目以降は会員限定(要ログイン)ページとすることが可能です。

  • MT6対応
  • MTクラウド対応
  • ダイナミックパブリッシングには非対応
  • DynamicMTML対応

インストール方法

  1. zipファイルを解凍してできる [SplitPage] ディレクトリを MTの pluginsディレクトリにアップロードします。
  2. 「記事」、または「ウェブページ」テンプレートの <$mt:EntryBody$>、<$mt:PageBody$> タグに split=”1” というモディファイアを指定します。

EntryPrevNext2

概要

  • 前の記事 / 次の記事 を出力するタグ MTEntryPrevious2/Next2 を提供します。
  • メインカテゴリが自分と同じ記事同士で 前へ/次へ するリンクを追加できます。

インストール

zipファイルを解凍して現れる [EntryPrevNext2]フォルダごと、MTディレクトリ/plugins ディレクトリにアップロードします。

使い方

MTデフォルトの MTEntryPrevious/Next とほぼ同じ使い方ですが、 by_category="1" モディファイア指定時に、次/前記事として メインカテゴリを同じくする記事だけを対象にする点が異なります。

AmpConvert

概要

  • img タグを amp-img に変換し、さらに画像サイズ属性が不足してたら付加する
  • YouTube埋め込みコードを amp-youtube タグに変換する
  • 余分なインラインCSSの記述を除去する
  • といった変換を行います。

インストール

zipを解凍して [AmpConvert] フォルダーごと、MT設置ディレクトリー /plugins にアップロードします。

使い方

ampページを出力するアーカイブテンプレートを追加し、 変換したい範囲を、 ブロックタグで囲みます。

詳しくはドキュメントをご覧ください。

Quick Search

このプラグインは、ブログ記事やウェブページの追加/変更/削除が実行されると、QuickSearchの検索インデックスを自動更新します。

インストール

  1. ファイルを解凍します。
  2. mt-plugin-quicksearch/QuickSearch を /path/to/mt/plugins にコピーしてください。

プラグイン設定

システム > プラグイン > Quick Search の設定画面に遷移し、QuickSearchのコンテンツキーとAPI秘密鍵を設定してください。

Clean Blog

Apache 2.0 Licenceで配布されている Bootstrap 用のテーマ「Clean Blog」を Movable Type のテーマとして利用できます。「Clean Blog」については、以下を参照ください。

Clean Blog is a stylish, responsive blog theme for Bootstrap created by Start Bootstrap. This theme features a blog homepage, about page, contact page, and an example post page along with a working PHP contact form. -- https://github.com/IronSummitMedia/startbootstrap-clean-blog

特長

  • Google Web フォントの「Noto Sans Japanese」を利用
  • Bootstrap 3 を利用しているため、スマートフォンにも対応(レスポンシブ Web デザイン)
  • ブログ用テーマ(MT6以降では、ウェブサイトでも利用可能)

インストール

  1. ZIP ファイルをダウンロードします
  2. 解凍してできる themes/cleanblog ディレクトリを /MT_HOME/themes ディレクトリに一式コピーします。
  3. テーマを適用したいブログ又はウェブサイトから [デザイン] - [テーマ] から「Clean Blog」を探し、[適用] します。

GoogleOpenIDConnect

Google OpenID Connect 経由でのコメンター認証機能を提供します。

FreeLayoutCustomFieldプラグイン拡張パック

FreeLayoutCustomFieldプラグインを拡張し、利用できるフィールドの種類を増やすプラグインです。

以下の型のフィールドを作成できるようになります。

  • スピナー(数値入力)
  • 複数選択ドロップダウン
  • 色選択
  • リッチテキスト
  • Googleマップ(GoogleMapsCustomFieldプラグインを併用)
  • 行数可変の表

FreeLayoutCustomField

HTMLとCSSで自由にレイアウトすることができるカスタムフィールドです。

1つのカスタムフィールドの中に複数の入力欄を作ったり、同じ入力欄の組み合わせを複数回入力したりすることができます。

さらに、異なるフィールドの組み合わせを複数回繰り返す「ユニット」の機能もあります。

標準では以下のフィールドを利用することができます。

  • テキスト(1行/複数行)
  • チェックボックス
  • セレクト
  • ラジオボタン
  • アイテム(画像等)のアップロード

DynamicPreview

本製品は、Movable Typeのプレビュー機能を強化するプラグインです。
通常版と企業ユースを想定したPro版があり、それぞれ以下の機能を持っています。

  • プレビューを別ウィンドウで表示
    記事/ウェブページ/テンプレートのプレビューを別ウィンドウで表示します。
  • プレビューを動的(ダイナミック)に生成・表示
  • 複数の記事/ウェブページのプレビューや、インデックステンプレート/アーカイブテンプレートのプレビューが可能。
  • インデックステンプレート/アーカイブテンプレートのプレビュー時に未公開・日時指定記事のプレビューが可能
  • カテゴリ情報の編集画面でもプレビュー可能
  • SSIインクルード対応
    管理画面でドキュメントルートを設定、ApacheのSSI Include Virtual機能をシミュレートします。

さらにその上位版となる「DynamicPreview Pro」では以下の機能も搭載!

  • ベースURL設定機能
    開発環境と公開環境でURLが異なる場合などにも対応。
  • URL・文字列置換機能
    プレビュー表示時にURLや文字列を置換。
  • 管理画面から他のMTユーザーにプレビューをメールで依頼できます。
  • 編集権限を持たないプレビュー専用のユーザーを作成できます。

KetaiPost

無償で利用できて無駄に多機能な、携帯メールによる記事投稿のためのMovable Typeプラグイン。

Copy This Entry

カスタムフィールドの内容も含めて記事をコピーして、新しい記事を作成します。

Replace publish Date and time

このプラグインは、記事の保存時に公開日時を現在日時で自動で置き換えます。

FastestPreview

記事のリアルタイムプレビューを可能にします。

デモ (http://screencast.com/t/uBUjtBtS)

MappingBasedArchive

Movable Type に「パス別」というマッピングのタイプを追加する、MappingBasedArchive というプラグインを公開しました。ざっくりいうと「カスタムフィールドの値ごとにアーカイブを作ることができる」ようになるプラグインです。

できること

  • 「出力されるパス」を基準にして、記事をまとめてアーカイブすることができます。
  • カスタムフィールドの設定から簡単にパスを設定することができます。
    • 特に以下のタイプのカスタムフィールドが登録されていると、選択肢から選ぶだけで利用することができます。
      • ドロップダウン
      • ラジオボタン
  • AnotherCustomFields にも対応しており、カスタムフィールドと同様「ドロップダウン」と「ラジオボタン」のフィールドがある場合、選択肢に表示されます。
  • カスタムフィールドのそのままの値を使うだけでなく、例えば数値のフィールドであれば範囲で区切ってアーカイブにすることもできます。
  • 任意の順番でアーカイブを並べ替えることができます。
  • アーカイブに名前を付けることができます。

デモ

Video Transcoder

VideoTranscoder for MovableType

  • Author:: Yuichi Takeuchi info@takeyu-web.com
  • Website:: http://takeyu-web.com/
  • Copyright:: Copyright 2014 Yuichi Takeuchi
  • License:: MIT License

Amazon Elastic Transcoderによる動画変換機能を追加します。

AWSのコマンドラインツールではなくAPIを直接利用しており、比較的多くのサーバ上で利用頂けます。

インストールすると、アイテム一覧から「動画変換」できるようになります。

動画変換ジョブを登録すると、タスク(run-periodic-tasks)により、自動的に以下の操作が行われます。

  1. 対象の動画ファイルをS3にアップロード
  2. Elastic Transcoder Jobを登録
  3. Jobの完了を定期的に監視
  4. 完了したら変換後の動画ファイルをダウンロードしてアイテム登録

動作環境

  • MovableType 6.0
  • Movable Type クラウド版

対応済み

  • 動画変換(単一ファイル出力)
  • 動画変換(プレイリスト出力 / TSのみ)
  • 音楽変換
  • サムネイル登録

CharmapForTinyMCE

TinyMCE 標準の charmap 機能を有効にします。charmap 機能では、HTML 特殊文字を文字パレットから選んで挿入することができます。

Apex

Apex は、Media Queries を利用したレンスポンシブ デザインのテーマです。PC、スマートフォン、タブレットなど表示するデバイスによって、最適な表示を行います。また、全部で 6 種類のスタイルが同梱されていますので、スタイル・キャッチャーで簡単に見た目を切り替えることができます。

Apex には、以下のような特徴があります。

  • ブログ(記事が時系列で並ぶウェブサイト)に最適化されたシンプルなテンプレート構造とデザイン
  • Media Queries を利用したレスポンシブ デザイン(960px, 760px, 520px でレイアウトを変更)
  • ページに含まれるアイコンとして、ウェブフォントを採用することで、CSS でスタイルを簡単に変更可能
  • 6 種類のスタイルを同梱
  • OpenGraph の各種タグに対応
  • アップロードした画像アイテムを favicon や、 og:image として利用可能
  • 記事アーカイブでは、記事に紐付いた画像アイテムを og:image として自動的に利用
  • 特定のウェブページを、ナビゲーションに追加可能
  • Ajax を利用したページネーション

Apex

A-Form to Entry

A-Form to Entry は、フォーム作成プラグインA-Formで作成したフォームを、ブログの記事投稿・パブリッシュに活用するためプラグインです。サイトの閲覧者による記事投稿用のフォームにしたり、イントラネットで各種報告・申請などの定型報告を行うためのフォームにしたりと、活用の可能性はさまざまです。

A-Form PC

高機能フォーム作成プラグインです。氏名、メールアドレス、電話番号、住所などの入力項目(バリデーション機能付き)をドラッグ&ドロップでフォームを作成可能。ファイルアップロード機能、指定日公開・非公開、受付上限数で非公開機能あり。フォームは複数のブログ記事やウェブページに埋め込み可能。送信データは受付データ画面で一覧できます。モバイル(スマートフォン)対応可能。

ImageUploadUtility(Pro)

ImageUploadUtilityは、Movable Type用の画像アップロード機能補助プラグインです。 本プラグインを利用すると以下のことが実現できます。

  • アップロードするアイテム画像を指定サイズ(長辺/指定幅)へリサイズ
  • アイテム画像のサムネイルが指定サイズを超える場合に自動リサイズ
  • 日本語などのマルチバイト文字を使用したファイル名を半角英数字やランダムな文字列など、任意のフォーマットに自動リネーム
  • 写真の縦横の向きを自動補正する機能を搭載
  • デジカメ写真に残される「撮影情報」を自動削除
  • JPEG画像のアップロード時、圧縮率を変えてファイルサイズを削減
  • 拡張子を小文字に統一
  • 設定内容を一括してmt-config.cgiに記載、初期設定として登録

上位版となるPro版もご用意しております。

  • アップロードする画像に任意の透かし画像を合成可能
  • PDFをアップロードした際、その1ページ目を画像化してPDFへのリンクを設置可能
    (パスワードで保護されたPDFのサムネイルは生成できません)
  • 複数の画像を一度にアップロード可能(MT6.2.2対応)
  • 複数画像アップロード時のソート機能
  • アップロード先のカスタマイズが可能
  • 画像アップロード時のHTMLタグ編集機能
  • CSVファイルによる一括設定変更

機能詳細ほかは「ダウンロード」からご確認ください。
なお、Pro版についてはビジネス向け有償ライセンスのみの提供となります。

DefaultButtonsForTinyMCE

TinyMCE が標準で提供する各種ボタンを Movable Type で利用可能にします。

CodeMirrorComplete

テンプレート編集画面でMTタグやモディファイアを補完できるようにします

SexyColorExtractor

画像からお洒落っぽい色を抜き出します

TinyMCELanguageSelect

選択された文字列に、日本語、又は英語のスタイルを適用させることができるようになります。

P-M-Auth-Basic

PSGI 環境で、Movable Type の各種アプリケーションに対して、ベーシック認証を設定する事ができます。ベーシック認証には、Movable Type のユーザー情報が利用されます。

P-M-DebugRequestParams

環境変数のDebugModeが有効である場合に、リクエストパラメータの一覧が標準エラー出力(多くの場合にはstarmanを実行した端末)に表示されるようになります。

P-M-AliasedSearch

mt-search.cgiの検索条件へのエイリアスを作成することができます。

DataAPIPublicCache

Data API のレスポンスをキャッシュする仕組みを導入します。

Bootstrap 3

Bootstrap 3はCSSフレームワークのBootstrap 3をベースにしたテーマです。。Media Query (CSS) を利用したマルチデバイス対応に加え、Movable Type の機能を使ってロゴやナビゲーションの内容を簡単にカスタマイズできます。

MailForm

ウェブサイト/ブログにメールフォームを追加するプラグインです

MTAppjQuery

MTAppjQuery とは、Movable Type の管理画面を jQuery でカスタマイズしやすくするプラグインです。

Loupe

Loupe を使えば、Movable Type へログインをしなくても、あなたのブログの状態を即座に確認することができます。

Eiger

Eiger は企業サイトのようなブログを作成できる、レスポンシブ Web デザインを採用したテーマです。Media Query (CSS) を利用したマルチデバイス対応に加え、Movable Type の機能を使ってロゴやトップページの画像、ナビゲーションの内容を簡単にカスタマイズできます。

Eiger

Rainier

Rainierは、個人向けのブログに最適な、Media Queries (CSS) を利用したマルチデバイス対応のテーマです。PC、スマートフォン、タブレットなどのサイズを検知して、最適なデザイン表示を行います。また、テーマのロゴやヘッダーバナー画像、ナビゲーションの内容を簡単にカスタマイズできる機能を実装しています。

Rainier

キーワード一覧